【ミニマル】メモを取ると「今に集中」できるようになる2つの理由

30代男性

最近仕事も忙しくやることも多い。

目の前のことに集中しなければならないのに、「やらなきゃ」「上司にこんなこと言われた」を思い出して集中できない!

シーマー

おいおい、落ち着け。そんな時は意識的にメモを取るだけで解決だ!

みなさんもこんなことあったりしませんでしたか?

・仕事中に別なことを思い出して以降、集中できなくなってしまった。

・人に言われた悪口や理不尽なことが頭の中をグルグル回って疲弊・不眠になる。

・忘れちゃいけない!と意識しながら仕事をしてしまって、集中できない。

でも大丈夫!メモはその課題を解決してくれます。

えっ?

メモって感情の整理もできるの?と思った方もおられるでしょう。

この効用に気づかせてくれたのは、「超ミニマル主義」というミニマリストに関する書籍を読んだことがきっかけです。

created by Rinker
¥2,090 (2024/02/27 19:25:42時点 楽天市場調べ-詳細)

この書籍で紹介されていたメモのメソッド、文章が私には突き刺さり実践。

その結果、私は「感情の整理」と言った観点で特に効果を感じられました。

この体験を踏まえてメモを取るとどうなるのか踏まえて共有したいしたいと思い、この記事を書いています。

みなさんにもメモを取ることで今に集中して充実した時間を過ごしましょう。

この記事を読むメリット
  • メモの効用を理解できる
  • 今に集中しやすくするためのメモの取り方がわかる
  • 感情の整理をするためのメモの取り方がわかる。

メモすると今に集中できる2つの理由

メモは忘れないようにするためというのが目的と思いがちですが、それだけではありません。

メモの大きな目的は以下の2点です。

メモの目的
  • 安心して「忘れるため」→作業記憶の機能アップ
  • 「心の荷物」の棚卸をするため→心の軽量化

それらについて解説します。

「忘れるために」メモを取る

覚えておくためにメモを取るのではありません。

「忘れるため」にメモを取る。

つまり、メモを取ることによってその項目を忘れてもメモが思い出させてくれるので、忘れられるということです。

よって、「いま、思い出したこと忘れないようにしなきゃ」、「指示されたこと忘れないようにしなきゃ」と言った感情に支配されなくなります。

つまり、忘れとも良い状況になるため、今に集中することができるのです。

なので、常に付箋かノートを持ち運び思いついた瞬間にポイントのみノートに取る

そして自分に「忘れてもいい(後で見返せば思い出せるから安心してくれ)」と一言声をかけてみます。

これだけです。

そうするとタスク/会議/読書などの今に集中することができるようになります。

「心の軽量化」のためにメモを取る

私自身にはここが一番効果あった内容でした。

筆者もこうおっしゃっています。

「情報を記録する」以外の活用法にこそ、メモ術の真髄がある。それは、「心の荷物の棚卸し」のためである。

超ミニマル主義

心の荷物って目に見えない「非物質情報」。

普段何気なく過ごしていると積み重なってしまいます。

その「心の荷物」は脳は激しく疲弊させ、深刻なストレスとなりあなたの健康の障害となりうるのです。

でも、ここで課題は解決できます。

少し意識したメモの取り方をすると、「心の重荷」を棚卸することができるのです。

手順は簡単3ステップのみです。

心の荷物を棚卸し_3 ステップ

1.心配のもとを文字で書き出す:「非物質」→「物質」に変換する
2.理由を文字で書き出し点検する:「物質」を客観視する
3.対策を文字で書き出す:対策することで心に平穏が生まれる

具体例を出します。

これは私の事例です。

上司

私の部署にその質問してこないでください。寧ろ質問しているんです。

 

自分

あなたの部署の仕事なので質問しているんです。意味がわかりません。

というかあなたの部署の仕事をヘルプしているんです。

そのように言われる筋合いはありません!

と口論になりました。

口論のことが頭の中をグルグル回ってジャグリングしている状況としましょう。

やることは以下のようになります。

【実際のメモステップ(例)】

・ステップ1:理不尽に言われたことを紙に書き出す。

・ステップ2:なぜそんな理不尽なことを言われたのか客観的に点検する

・ステップ3:原因に対して対策を打つ(上司の上司に相談/転職する/上司以上の実力となるように今だけ我慢と割り切る等)

終わったらこの負の感情をメモに置いて行くという意識で取り組むとスッキリします。

こんなイメージです。

上記だけで驚くほど感情を整理することができます。

普段感情を紙に書き出して点検するなんてことは思い付かないですし、やろうと思う人は少ないと思います。

しかし、上記のように書き出す→客観的に点検→対策を打つで驚くほど感情が整理されます。

ぜひ試してみてください。

シーマーの変化

私もこれまで会社の上司や同僚からの嫌味や何気ない一言を気にして、頭の中をグルグルしてしまうことがありました。

そのせいで夜に眠れなくなり、睡眠不足。

思考は鈍り、さらに視野が狭くなる。

さらにネガティブ感情がグルグル回るという悪循環。

上司とどうやって離れるか復讐してやるかしか考えなくなり、もはや仕事に思考を使っていませんでした。。。

今思えば私が未熟すぎるが故の思考回路でお恥ずかしい。

そこから部署異動してもやはり周囲の人とのコミュニケーションで発生する言葉が頭の中をグルグル回ることは続きました。

私に取っては深刻な悩みでした。

でも、そういった悩みや不安をメモによって言語して「物質」に変換して検証するというメソッドを試してから大きく改善されました。

負の感情ループから自分を脱出させる方法がまさか「メモ」だったとは。。。

眠りも深くなり、今行っている作業に対する集中力強くなり、没頭しやすくなりました。

これは私にとって大きな改善です。

むしろ命を救っていただいたといっても過言ではありません。

まだ1週間ぐらいですが、今後も継続していきます。

まとめ

今目の前にあるタスクに集中できない原因はたくさんあります。

この状況下で物事への集中力を取り戻すアプローチはいくつかありますが、「メモの活用」も手段としては有効性バッチリです。

特に私は感情の整理といった点で大きく改善しました。

みなさんも私のような悩みを抱えている方がいらっしゃったら試しに感情の棚卸しに「メモ」を活用してみてください。

みなさんもモヤモヤを抱えているなと感じましたら、メモを取って棚卸しすることで今この瞬間で素敵な時間を過ごしましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥2,090 (2024/02/27 19:25:42時点 楽天市場調べ-詳細)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事