【読書メモ】最大化の超習慣_堀江貴文

ホリエモンの本が目に止まり、つい購入してしまいました。最近、ホリエモンの書籍である「ゼロ」、「やりきる力」の2冊を一気に読みホリエモンにハマっています。その流れで本書に手を伸ばしてしまったんですよ。

物事にハマレ!と常日頃からおっしゃているホリエモンですが、オレにハマってどうするんだ!とお叱りの言葉をいただきそうですが、とりあえず読んでみました。

写真のように付箋でいっぱい。

まずは1点だけやってみよう!

◆1日の密度を高めて、ストレスを退ける◆

「ストレスを退けるために、予め1日のスケジュール埋めてしまう」。

暇だと過去や未来のことに思考が巡ってしまい、今考えても仕方がないことに悩み、ネガティブなストレスを感じてしまう。

要するに心の中でグルグル回って大きくなるストレスね。

ということで。悩んじまう暇があるなら、暇なんか意図的に埋めてしまえばいいじゃないか!1日の予定を埋め尽くしてしまえ!!という理論。

確かに、定時で帰宅した後に何をやろうか決めているだけで時間は経過していくし、休日も起きてから今日は何をしようか、何の本を読もうか悩んでいること自体の時間が経過していくことに対して、私はストレスを感じている。

ということで、私はiPhoneの元々入っているアプリのカレンダー機能を使用して、ここに入れてしまうことにした。次の予定が迫ったら通知が来るようにも設定をしている。あらかじめ隙間時間にやること、ネットフリックス で見る映画、読む本、練習するドラムの課題を決めてしまい、その時間がきたらすぐに取り掛かれるように準備しておく。

◆ポイント:予定をあらかじめ埋めて決めておき、迷いなく取り組めるようにしておくこと!

→グダグダ考える暇がないのでネガティブなストレスなし

早速、カレンダーアプリに入れ込んでみた。

今週とにかく試してみて、またアップデートして行こう。

今日は16日。早速豚汁を作らないと!

ではでは〜♪

おすすめの記事