今は毎日スタディサプリでリスニング問題をやり、単語を確認し、ディクテーションして、シャドーイングしてます。これによってTOEICの点数が上がったのはわかりますが、発音を深く意識できていないと感じることが多々あります。繰り返し、英文を聞いていても、なんかこんな風に言っているな、この場合は「t」の音が消えるのか、こんな場合は音が連結しているのかぐらいは意識して聞いています。ですが、最近思いました。ディクテーションをしても、聞き取れなかった音は、発音記号まで勉強して違いを理解しなければ、いつまで経っても聞こえないままなのではないかと。このなんとなく感はまずいのではないのか。そんな時、ふと手にした本があります。それは「英語耳」。「英語耳」では、発音記号で母音、子音を自分が言えないと相手が言っていることがわからない、つまり聞き取れないということが述べられています。しかしながら、英語を数年勉強したフランス人はアメリカ映画を見てもわからない単語はあるが、音は聞き取れるらしいのです。英語の発音がある程度にているフランス語であるならば、英語を少し勉強すればフランス人には聞き取れてしまうとうことなのです。そうつまり、日本語の場合、英語の発音があまり被らないらしいのです。まずは、そこを認識してから発音の勉強しなければ英語を聞き取ることができないということを言っているのですね。確かに言われてみれば「あいうえお」が言えないのに「かきくけこ」を認識するなんてこと難しいですよね。この発音の大事さについては「英語耳」で詳しく記述されていますので是非とも読んでほしいです。私も実践して行きます。

「英語耳」の画像検索結果

 

おすすめの記事