自律神経を整えるためには生活習慣を規則正しくすることが重要です。結論から言うと早寝早起きと6時間ごとにきちんと食事をとることが大事になってきます。意識的に行動するのは、朝と夜の生活習慣改善です。

朝の生活習慣改善

結論から言いますと、30分早起きしてゆっくり動き、日光を浴びることを意識しましょう。朝に人間の体は副交感神経優位から交感神経優位に変わります。朝の起床時からバタバタしてしまうと副交感神経は一気に下がることになり、一日中興奮していることになり、自律神経が乱れやすくなります。そのため、いかに朝にゆったりと行動できるか事前準備が必要になります。同時にコップ一杯の白湯を飲んで内臓を温めることもオススメします。

夜の生活習慣改善

大事なのは就寝3時間前に夕食を済ませておくことが大事です。寝る前にものを食べてしまうと腸は働かなければならなくなるため、交感神経が働いてしまうので、休まらないのです。また、就寝30分前にスマホやテレビなどの画面を見ることも脳を活性化させてしまうため、やめましょう。さらにおすすめなのは夕方に運動することで、さらに眠りにつきやすくなります。

おすすめの記事